スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ジェットスター航空の成田発マニラ行きの直行便が終了

約2年にわたって、成田発マニラへの直行便を運航してきたLCCジェットスター航空

の直行便が終了しました。

今後は、成田ー関空ーマニラと、関空経由となり、現実的に考えると利用する方はいないのでは

ないかと思われます。

ジェットスター航空は、昨年末には、成田ーマニラ線の運航を終了することを発表して

おりましたが、なんとか成田ー関空の国内線を活用する形で乗り継ぎ便として

残した形となっております。

ただ、直行便と比べると比較にならないほど運賃も高くなっており、現実的には

利用する方は皆無となるかと思います。

ちなみに、乗り継ぎ便の運航は、4月4日(金)から週4日、金・土・日・月のみの

運航スケジュールとなってました。運賃も往復6万円超えのJALやANAの直行便と同じか

むしろ高くなっている印象ですね。

やはり、セブパシフィックの成田への就航開始が一番の原因と思われ、価格競争に巻き込まれたくない

のと供給過剰路線から早期に撤退した方が経営的にも大きなダメージを受けずにすむという

理由かと思います。

詳しくはこちらトラコミュフィリピン

関連記事
スポンサーサイト
2014-03-31 22:22 : ジェットスター航空 : コメント : 0 :

夏の成田発マニラ往復1万5000円!セブパシフィック航空の国際線1ペソプロモ始まる

セブパシフィック航空の国際線オール1ペソプロモが始まっております。

旅行期間は、4月1日~12月15日で明日27日までの販売となっております。

ゴールデンウィーク期間も対象期間になっておりますが、流石に難しいですね。

ゴールデンウィーク後でよかったら名古屋発なら100円運賃の空席はまだあります。

すでに、成田や関空利用の場合は8月の夏休み時期の予約に狙いを定めるべきでしょうか。

成田発で8月の状況を確認してみると、なんとか取れそうです。

<成田発マニラ>

8月5日~13日

往路 8760円
復路 6150円

往復 14910円

上記運賃には燃油サーチャージなどを含まれて料金となっております。

詳しくはこちらトラコミュフィリピン


関連記事
2014-03-26 20:02 : セブパシフィック航空情報 : コメント : 0 :

夏休みでも75%オフ!セブパシフィック航空の国際線オール75%オフプロモ

セブパシフィック航空が、日本発マニラ線も対象の国際線オール75%オフプロモを

開始しております。

旅行の対象期間が、4月1日~11月30日と、夏のお盆休みの時期も含まれており

75%オフが適用されお盆の時期としては激安となっております。

<成田発マニラ>

8月9日(土)-8月15日(金)

DEPARTURETokyo (Narita) - Manila13,749.75

RETURNManila - Tokyo (Narita)11,139.75

SUBTOTALJPY 24,889.50

チケット代が高額となる時期の往復コミコミ約25000円、しかも成田発でこの料金

ですので大変お得だと思います。

詳しくはこちらトラコミュフィリピン
関連記事
2014-03-14 20:06 : セブパシフィック航空情報 : コメント : 1 :

セブパシフィック航空の国内線・国際線オール1ペソプロモ

セブパシフィック航空の国内線・国際線オール1ペソプロモが開始しております。

が、往復を取るのは不可能のようだ。

日本発では、成田、名古屋、関空ともにマニラ便が対象にはなっているが

ざっとリサーチしたところ片道しか取れない。また片道でも取れればラッキーという状況

です。

因みに、関空発で往路のみ片道をプロモ運賃、日本円で100円表示を予約すると

コミコミ7440円。

プロモ対象の期間は9月1日~12月15日で、3月9日までの販売となっております。

詳しくはこちらトラコミュフィリピン

関連記事
2014-03-08 00:30 : セブパシフィック航空情報 : コメント : 0 :

関空・名古屋発マニラ往復12838円より!セブパシフィックプロモ

関空発、名古屋発のマニラ線を対象にセブパシフィック航空の99ペソプロモが

開始しております。日本円表示では、599円と表示されているものがプロモ運賃。

対象の旅行期間は、3月15日~6月30日までで、3月3日までの販売となってます。

例により、ゴールデンウィーク周辺のプロモ座席の空席状況をリサーチしてみましたが

関空発だと往路、復路ともは5月13日からチラホラと見付かります。

名古屋は、往路がGW中5月4日のみ空き有り。その後は8日以降なら取れそうです。

ただ復路は、関空と同様13日以降になります。


名古屋と関空発で往復ともプロモ運賃で予約をした場合は、下記のようになります。

*受託手荷物なし、座席指定なし、もちろん飲み食いなしのすべてなしなし。


<関空発マニラ>

DEPARTUREOsaka (Kansai) - Manila7,939.00

RETURNManila - Osaka (Kansai)4,899.00

SUBTOTALJPY 12,838.00


<名古屋発マニラ>

DEPARTURENagoya - Manila9,219.00

RETURNManila - Nagoya6,649.00

SUBTOTALJPY 15,868.00

詳しくはこちらトラコミュフィリピン

関連記事
2014-03-01 20:16 : セブパシフィック航空情報 : コメント : 0 :
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

Author:ビコル

にほんブログ村
マイレージを使ってフィリピンの色々な所を旅しております。これまでセブ島、マクタン島、ボホール島、パングラオ島、ボラカイ島、パナイ島、カタンドゥアネス島、ミンドロ島、ルソン島ビコール地方、ルソン島マタブンカイ、マリンドゥケ島などに行きました。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

フィリピンのホテル

世界最大旅行クチコミサイト

当ブログ記事がトリップアドバイザーお役立ちリンク集おすすめブログに掲載されました。(リンク先右下)

フィリピンの旅・写真館

お世話になっているPiccさんの本サイトです。ガイドブックに載っていないフィリピン各地の様子がすばらしい写真とともにご覧になれます!ブログ版はこちら

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

エリート会員でなくてもラウンジ利用可能

プライオリティパス無料付帯

ブログリンク

iStockPhoto

フリーエリア

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。