スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

セブパシフィック航空が成田ーセブ直行便の運航開始を正式発表





セブファンに朗報です。

フィリピンを代表する格安航空会社であるセブパシフィック航空は、2015年3月26日より

成田ーセブ間の直行便の運航を開始すると公式サイトにて正式に発表しました。

運航は火・木・土・日の週に4日で、他の航空会社と比較して最大60%も安く販売するとしております。

他の航空会社とは、日本ではセブ直行便を飛ばしているのはフィリピン航空しかありませんので

戦う気満々ですね。^^

恐らく、羽田の深夜便を路線確保した後に運休してた時にセブパシフィック航空などは

運休を理由に羽田就航を狙っておりましたが、そうした情報を嗅ぎ付けるや運休を取りやめ

たことなどが大きな怒りを買ったのだと思います。

我々にとってもフィリピン航空よりセブパシフィック航空その他の格安航空会社が羽田に就航して

くれた方がよかったわけでフィリピン航空に非常に悪印象を持ってしまいました。

今回、セブ直行便では独占状態だったフィリピン航空に加えセブパシフィック航空が参戦すること

でフィリピン航空は価格競争に巻き込まざるをえなくなります。

フライト時間などは下記となります。

成田発 12:05pm セブ着 4:25pm

セブ発 5:55am 成田着 11:20am

なお、本日より予約が可能となり、片道6299円で販売されております。

DEPARTURETokyo (Narita) - Cebu14,459.00

RETURNCebu - Tokyo (Narita)11,849.00

SUBTOTALJPY 26,308.00


詳しくはこちらトラコミュフィリピン
関連記事
スポンサーサイト
2014-10-27 20:42 : セブパシフィック航空情報 : コメント : 0 :

名古屋ーマニラコミコミ約17000円セブパシフィック航空の片道1499円セール





セブパシフィック航空の名古屋・関空ーマニラ線を対象とした片道1499円セールが

昨日20日~25日まで実施されております。

対象の旅行期間は、11月15日~3月31日までとなっております。

先ほど1月以降で空席をチェックしてみましたが関空発はほとんどセール運賃

ではとれない状況で名古屋発で探すことをお勧めします。

名古屋発なら1月でも20日以降なら比較的セール運賃の空席が見つけやすいかと思います。

<名古屋発マニラ>

1月22日(木)-1月25日(金)

DEPARTURENagoya - Manila9,619.00

RETURNManila - Nagoya7,049.00

SUBTOTALJPY 16,668.00

詳しくはこちらトラコミュフィリピン
関連記事
2014-10-21 22:33 : セブパシフィック航空情報 : コメント : 0 :

成田発マニラ往復コミコミ14000円!来年の夏休み時期も対象のセブパシフィック航空の100円セール





セブパシフィック航空の100円セールが開始しております。

日本の成田・関空・名古屋の3空港ーマニラ線も対象となっており、対象の旅行期間が

2015年6月1日~9月30日となってますので来年の夏休み時期も対象です。

先ほど空席状況を確認してみましたが、成田発で8月ですと往路は4日、5日あたりが100円運賃

が取れそうです。復路に関しては12日までですと取れる感じです。

スケジュール的に、片道しか空席がない場合は、片道でも抑えてしまうことをお勧めします。

100円セールは、チケット代としてはほぼ無料で諸税・燃油代ですので、セブパシフィック航空が

実施するセールでは最安となります。

また、関東の方ですと片道を成田、片道を関空・名古屋で探すという方法もあります。

私は、正月をこの方法で往復とも激安で確保しました。

<成田ーマニラ  2015年8月4日~12日>

DEPARTURETokyo (Narita) - Manila8,260.00

RETURNManila - Tokyo (Narita)5,650.00

SUBTOTALJPY 13,910.00


私も、先ほど成田発で往路のみ予約を完了しました。復路は、これからのセールで取っていきたい

と思います。販売は4日~6日ですのでお急ぎを。

詳しくはこちらトラコミュフィリピン


関連記事
2014-10-04 21:52 : セブパシフィック航空情報 : コメント : 0 :

ANAとフィリピン航空は、二社間提携に合意!相互マイレージ提携も!

ANAとフィリピン航空は、10月1日付けで二社間提携に合意しました。

これを受けて両社はコードシェア、スルーチェックイン、マイレージ提携を実施していきます。

<提携の内容>

1. コードシェア (両国政府に認可申請中)

10月26日以降、両社の国際線に、コードシェア便名を相互に付与し、さらにANAはフィリピン航空の国内線に、フィリピン航空はANAの国内線にも、相互にコードシェア便名を付与します。

これにより、ANA運航便を利用する方は、マニラに到着後、コードシェア便(フィリピン航空運航便)を利用して、フィリピン国内のダバオやセブなど10路線への乗継が可能になります。

また、フィリピン航空を利用する方は、羽田・成田・名古屋・関空・福岡に到着後、コードシェア便(ANA運航便)を利用して千歳や福岡など19路線への乗継が可能になります。

2. スルーチェックイン

ANAとフィリピン航空を利用した乗り継ぎ便については、スルーチェックインが可能となり、マニラ空港での乗継必要時間が短縮されます。例えば、ANA運航便でマニラ空港に到着後、フィリピン航空の運航便を利用する場合、ターミナル間の移動は専用の構内バスを利用することができます。

3.マイレージ提携

10月26日から、お互いのマイレージ会員がどちらの航空会社を利用してもマイルを貯めることが可能となります。同時に、マイルを利用した特典航空券への交換も可能となります。

以前より、ANAがフィリピン航空を買収するのではという噂が流れておりましたので、このような展開は予想されていたことかもしれません。また、フィリピン航空は3大アライアンスに加盟しておりませんのでマイレージに関しては特に弱いといわれておりましたのでフィリピン航空のマイレージ会員には朗報かなと思います。

詳しくはこちらトラコミュフィリピン
関連記事
2014-10-02 22:54 : マイレージ&航空会社 : コメント : 2 :
ホーム

FC2カウンター

プロフィール

ビコル

Author:ビコル

にほんブログ村
マイレージを使ってフィリピンの色々な所を旅しております。これまでセブ島、マクタン島、ボホール島、パングラオ島、ボラカイ島、パナイ島、カタンドゥアネス島、ミンドロ島、ルソン島ビコール地方、ルソン島マタブンカイ、マリンドゥケ島などに行きました。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

フィリピンのホテル

世界最大旅行クチコミサイト

当ブログ記事がトリップアドバイザーお役立ちリンク集おすすめブログに掲載されました。(リンク先右下)

フィリピンの旅・写真館

お世話になっているPiccさんの本サイトです。ガイドブックに載っていないフィリピン各地の様子がすばらしい写真とともにご覧になれます!ブログ版はこちら

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

エリート会員でなくてもラウンジ利用可能

プライオリティパス無料付帯

ブログリンク

iStockPhoto

フリーエリア

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。