スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

羽田発フィリピン便が実現か?日本とフィリピンがオープンスカイで合意 !

国土交通省によると、日本とフィリピンは、首都圏空港を含むオープンスカイで合意しました。


以下、国土交通省発表内容

日本・フィリピン航空当局間協議の結果について

平成25年9月13日

日本とフィリピンとの航空当局間協議が、9月11日(水)~12日(木)にかけて東京において開催され、以下のとおり合意した。


1.航空当局間協議の出席者
  日本側代表 : 大塚 洋 大臣官房審議官 ほか
  フィリピン側代表 : ホセ・ペルペツオ・M・ロチリア 運輸通信省次官 ほか


2.主要合意事項
(1) 首都圏空港を含むオープンスカイ
 ○ 成田空港
    二国間輸送を相互に自由化。
 ○ 首都圏以外の空港
    二国間の輸送及び以遠地点への輸送(相手国で旅客・貨物を積み込み、第三国へ積み卸す)を相互に自由化。
   (※) 首都圏空港を含むオープンスカイに合意した国・地域はフィリピンが25ヶ国目。

(2) 羽田空港への乗り入れ枠組み
羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠が3万回から6万回に増加する段階(2014年3月末予定)において、日本・フィリピン双方が昼間時間帯1日2スロット、深夜早朝時間帯1日2スロットずつ使用できる枠組みを設定。   
   (※) 到着1回につき1スロット、出発1回につき1スロットとカウント。
   (※) 羽田昼間時間帯の3万回増加に関する合意国:
        英国、フランス、中国、シンガポール、タイ、ドイツ、ベトナム、インドネシア、フィリピン (9ヵ国目)

(3) コードシェア枠組みの自由化
日本とフィリピン双方の航空企業の運航柔軟性を拡大する観点から、コードシェア枠組みを自由化。




首都圏の羽田空港についても2014年3月末に昼間時間帯の国際線発着枠が大幅に増加するのを受けて、日本側企業、フィリピン側企業の双方が昼間時間帯を1日2スロット、深夜早朝時間帯1日2スロットずつ使用できるとしております。

スロットとは、1回の着陸で1スロット、1回の出発で1スロットとカウントします。

フィリピン側で昼間と深夜早朝それぞれ1便ずつの便があらたに開始される可能性が高いです。

フィリピン航空は、昼間、セブパシが深夜か早朝になる可能性が高いですね。


詳しくはこちらトラコミュフィリピン

2013-09-13 22:47 : PR : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

ビコル

Author:ビコル

にほんブログ村
マイレージを使ってフィリピンの色々な所を旅しております。これまでセブ島、マクタン島、ボホール島、パングラオ島、ボラカイ島、パナイ島、カタンドゥアネス島、ミンドロ島、ルソン島ビコール地方、ルソン島マタブンカイ、マリンドゥケ島などに行きました。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

フィリピンのホテル

世界最大旅行クチコミサイト

当ブログ記事がトリップアドバイザーお役立ちリンク集おすすめブログに掲載されました。(リンク先右下)

フィリピンの旅・写真館

お世話になっているPiccさんの本サイトです。ガイドブックに載っていないフィリピン各地の様子がすばらしい写真とともにご覧になれます!ブログ版はこちら

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

エリート会員でなくてもラウンジ利用可能

プライオリティパス無料付帯

ブログリンク

iStockPhoto

フリーエリア

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。