スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

年始のJAL特典航空券を発券しました



予約番号:◎×△□

このたびはJALホームページで特典航空券をお申込みいただき、ありがとうございます。
お客様のeチケットお客様控、およびお申込み内容の詳細をお送りします。
本メールの受領をもってお客様のお申込み手続きは全て完了となります。
なお、本メールにはお問合せの際などに必要となる情報が含まれています。ご旅行出発まで削除しないよう、お願いします。

座席を使用しない幼児用航空券の購入は、お電話で承ります。

eチケットお客様控

お客様の特典航空券は「eチケット」で発券されました。
右のボタンより「eチケットお客様控」を表示・印刷ください。
ご旅行時には印刷した「eチケットお客様控」を携行ください。
(「eチケットお客様控」は、従来の航空券の代わりとなるものです) eチケットお客様控を表示・印刷する




ここのところ、年末年始のフライトを探しまくっておりました。

お金をだして購入するのなら往復4万円以内、だめなら特典航空券と考えて

おりましたが、購入は諦め。

妥協ですが、元旦、成田発マニラ便のJAL特典航空券を発券しました。一安心です。




ところで、先般も愚痴りましたが^^ ジェットスター、スクートなど成田を拠点にしたLCC

は、どうしてぜんぜん安くないのでしょうか?

成田利用者は、待ち望んでいたLCCなのに、、、、、。

ジェットスターは、安かったのは初めの1年だけでしたね。

スクートは、マニラではないですが公式サイトでの価格は、LCCとは思えません。

スクートは必ず、エイチアイエスで購入した方がお得ですよ。



ジェットスターのマニラ線は、競合LCCがないのが原因で、価格の比較対象が、JALやANA

となっております。

LCCどうしの競争がある関空とは大きく異なります。

ちなみに、年末年始価格がどんだけ高いかというと25日~29日は空席なし、24日か30日発

となりますが、1月6日帰国便で片道40000円。これに燃油サーチャージがかかりまして

合計92540円です。

JALで104140円、ANAで136600円です。JALで10万円なのに、LCCのサービスの悪い

ジェットスターが9万円なんて考えられません。

とにかく、早く成田、羽田でもいいのでLCCがマニラ線の就航を開始してほしいものです。
ブログランキング・にほんブログ村へ






2013-09-16 00:06 : マイレージ&航空会社 : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

高いですね。
ジェットスターでその値段はひどいですね。
関空が利用できてよかったです。
マニラへは
行きはジェットスター、
帰りはセブパシフィックを利用しています。
セールで買うことができれば、往復3万円以下です。
2013-09-16 00:16 : 世界の町へ URL : 編集
No title
ジェットスター国際線は、燃油がかかるので、チケット代が5000円程度

で購入しないと往復込みで3万円ぐらいにならないんですよね。

なのに、片道4万円って。

ちなみに関空も年末年始は10万円超えますよ。ひどいLCCですね。

日本でLCCらしい価格を出しているのは関空のピーチぐらいではないでしょうか。

2013-09-16 00:27 : ビコル URL : 編集
ソウル発
ブログの更新を楽しみに拝見させていただいています。
私は今年の春ソウルー東京ーマニラー東京-ソウル JALで東京に2ストップオーバーのできる1年オープン航空券をビジネスで110、000円で購入しました。エコノミーで80.000円位と記憶しています。ソウル線は激戦区ですので安いチケット有ると思います。東京ーマニラー東京間をピーク時に搭乗しますと大変お得です。
私は HABABITOUR を利用しています。日本人の担当者もいます。ホームページ覗いてみてください。今週は日本のお盆のようなもので休みようです。HPを参照ください。
円安ウオン高の影響で今は1割程高くなると思います。
2013-09-16 09:03 : 信州田舎者 URL : 編集
No title
>信州田舎者さん

ソウル発券チケットの活用について調べてみますね。

情報提供ありがとうございました。
2013-09-16 11:07 : ビコル URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

ビコル

Author:ビコル

にほんブログ村
マイレージを使ってフィリピンの色々な所を旅しております。これまでセブ島、マクタン島、ボホール島、パングラオ島、ボラカイ島、パナイ島、カタンドゥアネス島、ミンドロ島、ルソン島ビコール地方、ルソン島マタブンカイ、マリンドゥケ島などに行きました。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

フィリピンのホテル

世界最大旅行クチコミサイト

当ブログ記事がトリップアドバイザーお役立ちリンク集おすすめブログに掲載されました。(リンク先右下)

フィリピンの旅・写真館

お世話になっているPiccさんの本サイトです。ガイドブックに載っていないフィリピン各地の様子がすばらしい写真とともにご覧になれます!ブログ版はこちら

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

エリート会員でなくてもラウンジ利用可能

プライオリティパス無料付帯

ブログリンク

iStockPhoto

フリーエリア

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。