スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

2倍の価格差!関空利用セブパシフィック&格安高速バスで節約する方法

[フィリピン航空] ブログ村キーワード

先般、ご案内した関空ーマニラのセブパシフィック航空の就航についてですが、

Naokiさんのブログのコメントで読者のlupinさんのセブパシ予約体験報告がありましたのでご案内します。

lupinさんは12/28-1/4の年末年始で予約をしてセブーマニラ往復6万円弱とのことです。

同じ時期のフィリピン航空との価格差がなんと約5万円だそうです。

恐らく成田発JALならさらに価格差は広がるでしょう。

確かに、年末年始の一番航空券が高くなる時期なのでいっそう価格差が広がったのかもしれません

が、5万円の価格差は見逃せませんね。もう1回、フィリピンに行けてしまう価格の差です。

こうなってくると関東圏の方も関空利用を検討する価値もでてきます。

例えば、体力に自信がある方なら格安高速バスなどを利用して行く方法がありますね。

格安高速バスなら往復でも1万円未満の場合もあります。

また、私のように体力に自信がない方ならセブパシ+新幹線でも安くなるのではないでしょうか。

私は成田利用ですが、もし航空券を購入するケースで5万円の差があるなら関空利用を選択する

と思います。

若い方なら深夜の格安高速バスで十分ですし、私のように年配者なら新幹線利用でいいですね。

セブパシのフライトスケジュールは日本発はPM7:25、帰国は大阪着PM18:25ですので新幹線利

用なら時間を合わすことができますね。

高速バスの場合は、こちらで見ると深夜バスの場合でAM8時着になりますので、大阪で時間をつぶさないとなりません。

神奈川県、静岡県で成田利用している方はどっちみち成田に行くのにも時間がかかるわけですので

検討の余地は大きいですね。

ただし、フィリピン航空のように遅延がある可能性はあります。

でも、もともとフィリピン航空を利用する方ならどっちみち遅延するリスクはしょうがないですね。

◎格安高速バス予約◎新幹線予約

過去記事一覧(他のフィリピン各地の写真)



tag : フィリピン 関空 セブパシフィック

2008-09-21 08:08 : マイレージ&航空会社 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ものすごい価格差ですね。
繁忙期で予約のとりづらい時期であれば、関東の人間でも使う価値はありますね。
私の住んでいるところでも、どうせ成田までは2時間はかかるので時間的な差は新幹線利用でずいぶん縮まりますね
2008-09-21 09:23 : ひじり URL : 編集
>ひじりさん
安いのはわかっておりますが実際に5万円という金額を突きつけられるとインパクトが大きいですね。もう1回フィリピンに行くだけの差になりますので大阪までいく面倒もなんのそのかもしれないです。^^
2008-09-21 11:22 : ビコル URL : 編集
はじめまして、いつもみてます。ビザはどうなるんですかね?往復買えば21日間滞在できるんでしょうか・・・予約画面で見たら期間関係なくprice一緒なんで。無知ですみません・・・
2008-09-21 14:51 : hiro URL : 編集
ご紹介くださってありがとうございます。
セブパシのサイトにドリンクやフード(カップヌードル・
パン)の料金表がありましたが、やっぱ有料なのかな?
まさか夕食時のフライトでそんな食事だけってことは
ないでしょうね。
2008-09-21 15:42 : lupin URL : 編集
>hiroさん
初めまして、21日以内でしたら入国時にスタンプをもらばOKですよ。

(参考)http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=013#
2008-09-21 17:59 : ビコル URL : 編集
>lupin さん
HPに出ているものだけだと思います。4時間程度のフライトですので不安なら食事は搭乗前に空港でとった方がいいかもですね。何もないから安くなるという考え方の方がいいですよ。既存の航空会社とサービス比較をすると不満になります。
2008-09-21 18:04 : ビコル URL : 編集
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

プロフィール

ビコル

Author:ビコル

にほんブログ村
マイレージを使ってフィリピンの色々な所を旅しております。これまでセブ島、マクタン島、ボホール島、パングラオ島、ボラカイ島、パナイ島、カタンドゥアネス島、ミンドロ島、ルソン島ビコール地方、ルソン島マタブンカイ、マリンドゥケ島などに行きました。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

フィリピンのホテル

世界最大旅行クチコミサイト

当ブログ記事がトリップアドバイザーお役立ちリンク集おすすめブログに掲載されました。(リンク先右下)

フィリピンの旅・写真館

お世話になっているPiccさんの本サイトです。ガイドブックに載っていないフィリピン各地の様子がすばらしい写真とともにご覧になれます!ブログ版はこちら

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

エリート会員でなくてもラウンジ利用可能

プライオリティパス無料付帯

ブログリンク

iStockPhoto

フリーエリア

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。